2017年 カレンダー

1〜12の月数字がフラクタル風の幾何学模様になった2017年のカレンダー。日付の余白を大きく取ることで、予定の書き込みがしやすいデザインになっています。

電車内アナウンスにも似て日本のカレンダーは情報過多になりがちです。今いちど情報を洗い直し、必要性の低いものは取り除きシンプルな仕様にしています。

Design : Kazunori Iwata

Photo : Kazunori Iwata

2016

logo-web.png