ボッティチェリのデジタル生物

ボッティチェリのヴィーナスの誕生。そのデジタル画像をクローズアップしていくとどうなるか実験してみました。コンピュータグラフィックスがどういう仕組みでできているか見ていくと、どこまでいっても終わりのないグラフィックデザインが現れ、その粒子はウィルスにも似た幾何学模様になって、生物をクローズアップしたときと似てきます。規則的なドットが反復していて、フラクタルの構造になっていて、生物もデジタルも、根っこが同じ仕組みになっているように見えてきます。

Graphic Design : Kazunori Iwata

2016

logo-web.png