img15.jpg

イタリアワイン通信講座

楽しめる教科書をつくる

全12回にわたるイタリアワインの教科書づくり。編集とデザインをしています。テーマになったのは第一に、楽しみながら学べる教科書をつくるということ。そしてもう一つ、イタリア現地の文化と風土を体験できるようにつくるということ。現地をスケッチする写真集的なアプローチやイラストを多用することで、イタリアワインの複雑にして込み入った知識の習得に、体感的な楽しさが得られるように構成しています。
モノクロ写真はマスな消費を促すには一般的に不向きとされていますが、表紙にくるメインビジュアルをはじめあえて積極的に使用しています。写真の強さ、美しさはモノクロ(光と陰)ですでに表現されているのですが、そうした本質が消費されにくいものだとしたら、消費されないぶん、そこには長く飽きられない耐久性があるからです。一方で題字は毎号カラフルに変化し、全12回のシリーズが蓄積されたとき一つの一貫したコレクションとなるよう設計しています。シリーズをコレクションしていく楽しみとして、バインダーも制作しています。

Textbooks of Italian Wine

Textbooks for entertainment

Twelve Italian textbooks on Italian wine. I am editing and designing. The first theme is to create textbooks that everyone can enjoy while learning. The second theme is to make it possible for anyone to experience the local culture and culture of Italy. By using a lot of photographs taken from the local area and illustrations, we are making it possible for everyone to experience and learn the intricate knowledge of Italian wine.
Black and white photographs are generally unsuitable for mass consumption, but I intentionally use them, including the main visual on the cover. This is because the beauty of photography is fully expressed in black and white (light and shade), but if such an essence is hard to consume, it is durable because it is not consumed. On the other hand, the title changes colorfully in each issue, and it is designed to be one consistent collection when all 12 series are accumulated. We also make binders so that our readers can enjoy these collections.

Design: Iwata Kazunori

Illustration: Iwata Kazunori
Client: Vino Hayashi

2020–

logo-web.png