南へ

撮影には壊れかけのカメラ、調子の悪いカメラを好んで用い、人間の主体的な決定では届かない世界へとフォーカスしている、写真家林弘康さんが捉えた沖縄の写真群を、グラフ企画として編集セレクト、執筆、デザインしました。

タイトルの「南へ」は、自然やモノを自分たちに都合よく捻じ曲げて利用するのではなく、自然やモノの動きに合わせて自分を動かしていく人間本来の文化が、今も南方には残されているということを意味し、それはまた、林さんの写真そのもののテーマを言い表しています。

 

>「南へ」


Direction : Kazunori Iwata
Design : Kazunori Iwata
Text : Kazunori Iwata
Photo : Hisoyasu Hayashi

2015

logo-web.png