シネマ・デ・アエル Cinema de Aeru

​Design : Kazunori Iwata
Client : Cinema de Aeru Project

2016-

岩手県宮古市の伝説的な映画館、みやこシネマリーンの閉館を受け、地元の人たちが中心となり2016年12月、新たに立ち上げたコミュニティシアター「シネマ・デ・アエル(シネマで逢える)」。東屋さんと通称される江戸時代の蔵を改装し、映画上映を一つの軸とした、地域文化拠点を誕生させました。

このシアタープロジェクトにデザイナーとして参加し、ロゴをはじめとする各種デザインツールを作成しています。

ロゴマークはコミュニティの最小単位「家族」にフォーカスし、家紋に取材しています。家紋の中でも、木片や石をカスガイで繋ぐ紋様、人と人との縁を繋ぐシンボルとして古くから存在する「榺(ちぎり)紋」をアレンジし、新たなコミュニティ創出のシンボルとしています。

logo-web.png