魚貝ののぶ|Webサイト

美味しい料理が何によって

支えられているのかを伝える。

飲食業の合理化と画一化が進む中、高円寺にある海鮮居酒屋「魚貝ののぶ」は、料理人であるオーナーみずからが毎朝市場へ出向き、食材を自分の足と目で仕入れることにこだわっています。料理人が市場へ赴く。当たり前のようでいて、今、こうした手間を割いているお店は少なくなっています。そして、仕入れた食材を自分の腕でさばく。そこには生々しい命のやりとりがあるわけですが、食べることに付きまとう命のやり取りという現実も、それを食べに来たお客さんは意識することがありません。豊かな食のあり方を再構築するためにも、そうした食文化の根元をもっと知ってもらおうと、Webサイトを制作しました。

Gyokai Nonobu : Web Design

Let's know what delicious food is supported by.

As the food and beverage industry is being streamlined and standardized, the seafood tavern “Gyokai Nonobu" located in Koenji is visited by the owner, who is a cook, every morning at the market.
And he looks at the ingredients with his own eyes and selects them. Today, fewer cooks go to the market every day. And he uses his skills to cook the ingredients. Food culture has the reality of killing. We now do not have the opportunity to be aware of such reality. I focused on the essence of food culture and produced a website.

高円寺にある海鮮居酒屋「魚貝ののぶ」。オーナー料理人の土田さんは、毎朝築地、豊洲の市場に通い食材を仕入れています。この数十年で急速化していった飲食業界のビジネス化により、みずから市場へ通い食材を選ぶ料理人の姿は、あまり見られなくなりました。その結果、食材の品質に合わない魚料理の値段、そして、どの居酒屋に行っても同じ魚が並ぶという現象が拡大していきました。
 料理人が市場に通う。「魚貝ののぶ」の思想はこの点に集約されます。Webサイトを制作するにあたり、市場通いに同行し、取材、撮影から、コンセプトのあぶり出し、執筆まで行いました。
 市場から料理人の厨房へ。そこに共通して存在するのは、命を捌くという生々しさです。お客さんだけが、そうした生々しい場所を通過する必要なく、美味しい料理を食べたいという動機だけで命の流通の結果を受け取ることができます。美味しい料理を支える背後の構造、仲買人と料理人が向き合っているその場所を浮き上がらせようと、Webサイトを制作しました。

https://www.nonobu.com/

Mr. Tsuchida of "Gyokai Nonobu" goes to Tsukiji and Toyosu every morning, and purchases ingredients. The business culture of food culture, which has been accelerating in recent decades, has reduced the phenomenon of cooks attending the market. As a result, the price of dishes that did not meet the quality of ingredients expanded, and the phenomenon of the same fish lined up no matter where we went to.
The cook goes to the market. The thought of "Gyokai Nonobu" is summarized at this point. In order to create this web site, I went to his market visit, interviewed, photographed, conceptualized, and wrote articles.
From the market to the kitchen. The reality there is the vividness of killing lives. Only the customers can receive the result of their lives killed only by their motive to eat delicious food without passing through such vivid reality. I am creating a website to bring out the underlying structure that supports delicious food.

Design : Iwata Kazunori

Photo : Iwata Kazunori

Text : Iwata Kazunori

Client : Gyokai Nonobu

2019

logo-web.png