Super Ordinary Stones / 石展

道端で拾った石を美術品として展示する企画展(2016/3/20 – 4/9)。写真家大橋拓氏と共同主宰し、DM、ポスター等のグラフィックデザインを担当したほか、出品、演出、構成まで行いました。

大人が銀座まで出かけ、高級ブランドの宝石に何十万円と支払う。一方、子どもは家の前の道端をフィールドに、自分の眼差しで石を選んで拾う。そんなとき多くの大人たちは、そうして子どもが拾ってきた石を「捨ててきなさい」と言う。これはいったいどういうことだろう?

石をテーマに借りながら、感受性すら自動化していきつつある現代において、人がもう一度、身近な存在の凄さ、深さに、どう気づき得るかまでを示そうとした展示。

DMには石で作られたストーンペーパーを採用。撥水性を生かした屋外でのDM掲示も実施した。

Direction : Kazunori Iwata, Taku Ohashi

Design : Kazunori Iwata

Text : Kazunori Iwata

Photo : Kazunori Iwata, Taku Ohashi

Client : Lucy Dragon Yen

2016

logo-web.png