ジオの旅 南伊豆

消費観光ではない、暮らしのツアーをつくろう。

日本で唯一、フィリピン海プレートの上にあり、海底火山を由来とする奇岩奇勝によりユネスコの世界ジオパークに認定されている伊豆半島。その最南端に位置する静岡県南伊豆町を舞台に「地質(ジオ)」というテーマを据え、そこから派生する土地の暮らしと歴史を体験するツアー企画が「ジオの旅 南伊豆」です。
ツアーロゴをはじめ、チラシ、宣伝ビジュアルのデザイン、写真記録ほか、ツアータイトル、コンセプト設計などを地元のジオガイドさんたちと一緒に制作しています。
旅先では、時に参加者が自らその夜の料理のために釣りをし、火起こしをするなど、人が生きるために必要な暮らしのベースを実践します。すべてが金銭の対価となりサービスが用意される“お客様”としての消費的ツアーではなく、参加者自身が関わり、思考し、体験し、南伊豆で暮らす人の感覚を少しでも知る、そんなツアーとして設計しています。
GEOのロゴは、海面から突起する奇岩のカタチをモチーフに、海から陸へと隆起した歴史を海色から陸色へのグラデーションで表現しています。

Geological Tour Minamiizu

Let's make a future tour

The Izu peninsula is the only one in Japan on the Philippine Sea plate, and it is recognized as a World Geopark by UNESCO for its landscape created by submarine volcanoes. The southernmost point is Minamiizu Town, Shizuoka Prefecture. This is a tour to experience life and history on the theme of geology.
I work with local geo guides to design logos, flyers, promotional visual designs, photography, tour titles, concept designs, and more.

On the road, participants sometimes fish themselves and start a fire for their dinner. They practice the base of life that people need to live. It is not a tour that provides all services, but is designed as a tour where participants can think and experience themselves and share the feelings of people living in Minamiizu.
The logo expresses the shape of a rock raised from the sea surface. The history that has progressed from the sea to the land is expressed by gradation from the color of the sea to the color of the land.

Design: Iwata Kazunori
Photo: Iwata Kazunori
Client: Cumbrains, Minamiizu Town​

2019

logo-web.png